【Warframe】Secura LectaとChroma4番でクレジットは増えるのか?

ドロップクレジットの増加量で圧倒的に勝る SECURA LECTA の登場で「一体何だったのか」と言われるかに思えたかつてのクレジット稼ぎの主役 Effigy 特化 CHROMA(通称4番 CHROMA)。

最近になってこの Effigy に新たに「Effigy の周囲 10m 内で倒された敵のドロップクレジットが増加」するという効果が発見されたとかなんとか。

 SECURA LECTA と組み合わせることでとんでもない収入になるのでは…

というわけで検証。

CHROMA のビルド

威力低減型 4番 CHROMA

追加極性はオーラを Madurai から Naramon に、MOD欄に Vazarin Vazarin Vazarin Maduraiの計5つ。

Effigy の秒間消費エネルギーを軽減するのは言わずもがな。最大ランクの Narrow Minded + Fleeting Expertise 2枚で下限値になります。

また、Effigy 本体にキルされてしまうと SECURA LECTA の効果が発揮できないので、Overextented + 冷気オーラ(感染体に通りが悪い)で可能な限り威力を低減しておきます。

検証場所 は Akkad

いずれの計測も1W~5Wまで。CHROMA 4番に関しては 1W 開始時にエネルギーパックでエネルギーを補充、中央のポッド上に 5Wまで常時展開。ソーティ報酬で得たクレブあり。

CHROMA 4番+SECUTA LECTA(近接モード)

ドロップクレジットは 42,328 Cr/110キル

CHROMA+SECURA LECTA(近接モード)

ドロップクレジットは 28,820 Cr/112キル

NEKROS 3番+SECURA LECTA(近接モード)

ドロップクレジットは 28,444 Cr/109キル(NEKROS 3番はクレジットに効果なしだっけ…)。

結論

キル数に若干ばらつきがあり完全に同条件での検証ではなかったものの、CHROMA 4番+SECURA LECTAの総クレジット量が他の2つを圧倒する結果に。

Effigy 本体によるキルはほとんど無かった(おそらく1割以下)ので「周囲 10m 内のクレジット Buff」のうわさは本当と言っていいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。