RADEON のGPUスケーリングが不具合だらけで使えない件

当記事は、2016年末に HD7850→R9 390X 買い替えによって発覚した RADEON におけるGPUスケーリングの不具合と、その他様々な不具合に関して箇条書き的にまとめたものになります。

OSやDDUによるドライバの再インストール、接続ケーブルの変更など様々な手段を講じたあとも解決しなかった不具合ではありますが使用しているハードウェアによっては問題が起こらない所謂おま環によるものかも分かりません。

また、知識が足りないために正常な動作なのに不具合として記載しているかもしれません。

  • Intel Core i5-4670K @ 4.1Ghz
  • ASUS Z87-PRO
  • SAPPHIRE NITRO R9 390X 8GB with Backplate
  • DELL U2414H 1920×1080 via HDMI
  • DELL U2414H 1920×1080 via DVI-HDMI
  • DELL U2414H 1920×1080 via DisplayPort
  • Radeon Crimson ReLive 17.2.1 WHQL feb28
  • Windows 10 Pro 64bit 1607

GPUスケーリングの不具合

デスクトップでの挙動

  • GPUスケーリングを「オフ」に設定しているにも関わらず、あらゆる解像度がモニタのOSDで 1920×1080 として検出される(GPUスケーリングが強制的にオンになっている?)
  • スケーリングモードはどれも正常に反映される(アスペクト比を保持する、フルパネル、中央)

DirectX 9アプリケーションでの挙動

  • GPUスケーリングを「オフ」にしていても、特定の解像度でGPUスケーリングがオンになる場合がある(EDIDでサポートされている解像度との関係?)
  • スケーリングモードが設定と関係なく強制的に「アスペクト比を保持する」になってしまう※AMD公式フォーラムで同様の報告あり

※Borderlands 2 で確認

DirectX10/11 アプリケーションでの挙動

  • DirectX 9アプリケーション同様、GPUスケーリングを「オフ」にしていても特定の解像度でGPUスケーリングがオンになる場合がある(EDIDでサポートされている解像度との関係?)
  • スケーリングモードが設定と関係なく強制的に「フルパネル」になってしまう(モニターのOSDに表示される入力ソースの解像度がゲーム側設定と同じになるため、GPUスケーリング自体が効いていないのかもしれない)※AMD公式フォーラムで同様の報告あり
  • 極稀に「中央」になる場合もある

※Just Cause 2、Warframe で確認

リフレッシュレートの不具合

  • デスクトップ・DirectX 9 アプリケーションでは 60Hz を選択できるのに、DirectX 10/11 アプリケーションでは 59Hz までしか選択できない (Windows 7 以前は 60Hz を選べたので、OSが原因かもしれない)※AMD公式フォーラムで同様の報告あり
  • 上記に関連して、デスクトップのリフレッシュレートを 60Hz に設定している時、DirectX 10/11 アプリケーションをフルスクリーンで起動する、あるいは起動中に Alt+Tab デスクトップに戻る際にリフレッシュレートの変更処理(60Hz→59Hz)が挟まりサブモニターがブラックアウトする場合がある

Fluid Motion の不具合

  • 3画面以上モニタを接続すると Fluid Motion と AMD Steady Video のオプションが設定画面から消えてしまう(これに関してはGCNの世代によって制限があるような気がすするのですが、公式に記載が無いのではっきりしません)

カスタム解像度の不具合

  • Radeon Crimson ReLive 17.2.1~17.3.3 においてカスタム解像度(EDIDのオーバーライド)がスタートアップ時に反映されない※17.4.1で修正された模様

とりあえず言いたいのは

  • GPUスケーリングの問題を放置しないでください(Crimson 初リリース以降おかしくなったらしい)
  • 基本的な機能の不具合もしっかり修正してください
  • 今後 RADEON は買わない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。