【Warframe】Plains of Eidolon – スナイパーライフル改変

Plains of Eidolonの実装に合わせてスナイパーライフルに調整が入るようです。公式フォーラムに掲載されていた情報を日本語訳して紹介します。

情報ソース: Plains of Eidolon: Sniper Review! 
https://forums.warframe.com/topic/849327-plains-of-eidolon-sniper-review/

基本的な変更

  • ADS時の画面揺れ(手ブレ)をすべてのズームレベルで削除します。
  • 1mの貫通距離を全てのスナイパーライフルに追加します(固有の貫通距離を持つ一部の武器※SNIPETRONやLANKAについては変更はありません)。
  • コンボ持続時間の経過で1のコンボカウント失います(改変前は全て)。
  • 射撃の失敗で1のコンボカウントを失います(改変前は全て)。
  • マルチショットの追加弾はそれぞれコンボカウンターのヒット/ミスとしてカウントされます。
  • LANKAを除く全てのスナイパーライフルのコンボ持続時間が2秒に減少します。LANKAは6秒です。
  • ダメージ距離減衰は400mから始まり、600mで終了(50%まで減衰)します。

特定武器についての変更

Vectis

  • ズームレベル1の追加効果が+10%ダメージから+30%ヘッドショットダメージに変更されます。
  • ズームレベル2の追加効果が+15%ダメージから+50%ヘッドショットダメージに変更されます。
  • 発射速度のサイクルを待たずに次弾が即時装填されます(手動リロードと自動リロードで装填速度が違った問題の修正だと思われます)。

Vectis Prime

  • 発射速度が1.5から2.67に向上します。
  • ズームレベル1の追加効果が+15%ダメージから+35%ヘッドショットダメージに変更されます。
  • ズームレベル1のズーム倍率が4xから3.5xに減少します。
  • ズームレベル2の追加効果が+20%ダメージから+55%ヘッドショットダメージに変更されます。
  • ズームレベル2のズーム倍率が10xから6xに減少します。

Snipetron

  • 発射速度が1.5から2に向上します。
  • ズームレベル1の追加効果が+10%ダメージから+30%ヘッドショットダメージに変更されます。
  • ズームレベル2の追加効果が+15%ダメージから+50%ヘッドショットダメージに変更されます。

Snipetron Vandal

  • 発射速度が1.5から2に向上します。
  • ズームレベル1の追加効果が+10%ダメージから+30%ヘッドショットダメージに変更されます。
  • ズームレベル2の追加効果が+15%ダメージから+50%ヘッドショットダメージに変更されます。

Rubico

  • 発射速度が1.5から2.67に向上します。
  • ズームレベル1のズーム倍率が5xから3.5xに減少します。
  • ズームレベル2のズーム倍率が12xから6xに減少します。

Vulkar

  • ズームレベル1の追加効果が+15%ダメージから+35%ヘッドショットダメージに変更されます。
  • ズームレベル2の追加効果が+15%ダメージから+55%ヘッドショットダメージに変更されます。
  • ズームレベル2のズーム倍率が6xから4xに減少します。
  • ズームレベル3の追加効果が+20%ダメージから+70%ヘッドショットダメージに変更されます。
  • ズームレベル3のズーム倍率が12xから8xに減少します。

Vulkar Wraith

  • 発射速度が1.5から2に向上します。
  • ズームレベル1の追加効果が+15%ダメージから+35%ヘッドショットダメージに変更されます。
  • ズームレベル2の追加効果が+15%ダメージから+55%ヘッドショットダメージに変更されます。
  • ズームレベル2のズーム倍率が6xから4xに減少します。
  • ズームレベル3の追加効果が+20%ダメージから+70%ヘッドショットダメージに変更されます。
  • ズームレベル3のズーム倍率が12xから8xに減少します。

Lanka

  • チャージ時間が1.5から1に減少します(高速化)。
  • ズームレベル2のズーム倍率が7xから5xに減少します。
  • ズームレベル3のズーム倍率が12xから8xに減少します。

まとめ

スナイパーライフルにだけ手ブレがあるという謎の仕様の消滅や貫通距離の追加による殲滅力の向上など、なかなか良い改変だとは思いますが、優秀な他武器を捨ててあえてスナイパーライフルを選ぶほど現環境でのメリットはまだまだ少ないと思います。現環境では想像のつかない数百m単位での長距離狙撃が可能に(あるいは求められる)PoEでの扱いはどうなるかが問題です(レンダリング距離も含めて)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。