1件のコメント

【Warframe】Developer Preview Warframe 改変 Part2

Warframe 公式フォーラム Developer Workshop にて、先日お伝えした Warframe の改変(Banshee 4番、Ember 4番ほか)についての新たな情報が掲載されました。日本語訳して紹介します。

情報ソース: Dev Workshop: Warframes Revisited Part2
https://forums.warframe.com/topic/917313-dev-workshop-warframes-revisited-part-2/

スポンサーリンク

改変される Warframe

ASH

  • Bladestorm(4番)
    1体あたりのマークコストが軽減される。

ATLAS

  • Petrify(3番)
    トグル式から単発方式に変更。また敵の種類による石化スピードの増減を削除、どんな敵でも瞬時の石化が可能に。
  • Ore Gaze(3番増強※石化した敵のアイテムドロップ率を増加)
    敵の石化方法が大幅に増えたのでリワークを予定している。

BANSHEE

  • Resonating Quake(4番増強)
    展開フィールドの攻撃方式が高ダメージ1ヒットに変更(以前は低ダメージ継続ヒット)。

CHROMA

  • Spectral Scream(1番)
    使用中の他アビリティ発動が可能に。
  • Vex Armor(3番)
    アビリティ範囲が拡大(基礎範囲は18m)。
    効果時間中の再発動が可能に。

EMBER

  • Fireball(1番)
    チャージ攻撃で追加ダメージを得る。また敵や壁に接触すると Nightwatch Napalm のように継続ダメージを与えるフレアを設置。
  • Fire Blast(3番)
    火炎を通過した弾丸に火炎ダメージを追加(原文は Weapons なので近接武器も含まれるかも)。

GARA

  • Mass Vitrify(4番)
    UI に残り耐久値を表示。

MAG

  • Crush(4番)
    アビリティ発動速度を向上。
  • Shield Transference(3番増強)
    Polarize がヒットした武器を4秒間使用不能に。ロボットの場合は4秒間行動を停止(※Shield Transference という Mod 名はもはや相応しくないので変更される)。

ZEPHYR

  • Tail Wind(1番)
    空中発動時の消費エネルギーを半減。
    ダメージを向上。
  • Dive Bomb Vortex(2番増強)
    Dive Bomb アビリティが Tail Wind との統合で消滅したため、Tail WInd(1番)の増強に変更。Tail Wind のダメージが敵のヒット毎に25%増加、着地時に増加率をリセット。

耳寄り情報

  • Warframe Revisited アップデート後の7日間、ログイン時にフォーマ3個3DAYアフィニティブースターを配布。
  • 次回の Devstream 後に始まる Lotus の贈り物アラートでオロキンリアクターを配布。
  • フォーカスパッシブがミッション開始時に即時適用されるように変更。オペレーターへの転移が不要に。
  • Atlas 4番や Nekros 4番などの召喚型アビリティがナリファイアバブルに接触した際、即時崩壊する代わりに徐々にヘルスを減少するように変更。

 

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。