星系マップに高難度の「裏面」を追加する「The Steel Path」アップデートが実装されました。

星系マップの全ノードをクリアした状態でリレーにいるTeshinに話しかけると、星系マップ右に切り替えアイコンが出現、表面(通常ノード)と裏面(鋼の道ノード)をスイッチ出来るようになります。

ノードの開放は地球のE PRIMEからで、クリアすると次のノードが開放、それを繰り返して全ノードをクリアするのが目標。要は高難易度になった星系マップ開拓ですね。

各ノードごとにマスタリーランク経験値が割り当てられている仕様もそのままです。

鋼の道ノードで出現するエクシマスユニットからは報酬交換用のアイテム「スティール・エッセンス」を得ることができます。報酬はオペレーター用の外装やクバがラインナップされています。

さて、実際にいくつかのノードを遊んでみましたが、さっぱり面白くないです。

装甲値や体力、シールドが大幅に増強されている仕様は、敵を倒さなくてはいけないミッション(掃滅や防衛、耐久)の爽快感を大幅に下げていて(よりネガティブに言えば苦痛度)、

敵を倒す必要のないミッション(確保、起動防衛)は今まで通り、Limboの2番4番コンボで完封できるものがほとんど。

前述したスティール・エッセンスのドロップ率も渋く、達成感に見合うだけの報酬が入手できないというのが現状。エッセンスが落ちるから裏Hydronや裏Akkadに行く、なんて人が出てきそうにありません。

各惑星のノード全てをクリアすると贈られる置物やMR経験値は反復プレイの理由になりませんし、今後はものすごい勢いで過疎るでしょうね。

スポンサーリンク